ブログトップ

特選素材 鰺ヶ沢

ajigasawa0.exblog.jp

カテゴリ:食( 27 )

鰺ヶ沢漁協の水揚げ ヤリイカ・天然タイ

今シーズン、底立て網漁のヤリイカが好調です。
先日も約4,000ケース(3㎏入り)の水揚げ。
f0236270_19302537.jpg
f0236270_1930555.jpg

このケースすべてがヤリイカです。
f0236270_19314663.jpg

今日、水揚げされたヤリイカは、その日のうちに東京、金沢市場へ出荷されてました。

また、この日は、沖合底引き網漁でタイが大漁。
(推定:木箱で1,000箱)
f0236270_19331133.jpg

船上にいっぱいのタイが!凄い数です。
f0236270_19345528.jpg

すぐさまサイズ選別作業をして
f0236270_19354587.jpg

活きの良いまま箱詰めしています。

鰺ヶ沢沖の天然タイ!!身が締まって刺身、塩焼きに最高!!

オサ
[PR]
by ajigasawa_sigen | 2011-02-15 19:37 |

「金アユ」の引っ越し

1月13日、猛吹雪の中、青森県栽培振興協会より鰺ヶ沢町にアユが引っ越してきました。
この1トン水槽に約2万1千尾入っています。

f0236270_16154191.jpg


f0236270_16165813.jpg


このアユは、平成22年9月中旬に、鰺ヶ沢町アユ中間育成施設で採卵を行い、直ぐに受精卵を、県産業技術センター内水面研究所(十和田市)に運搬し、県産業技術センター内水面研究所で、数日間、卵消毒などを行ったあと、ふ化寸前の卵を、青森県栽培振興協会(階上町)に運搬し、青森県栽培振興協会で、113日間、種苗生産されたものです。

町のアユ飼育担当のMさんとJさんは、
「今回、運搬されたアユは、例年以上の出来栄え。この良い状態を維持し、今まで以上のアユを県内河川に放流して多くの釣り人に喜んでもらいたい。」
と意気込んでいます。

f0236270_16185296.jpg


現在は、体長6センチ、体重1.3グラムまで成長しており、今後、5月中旬まで配合飼料などを与えるなどして体長12センチ、
体重6グラム
を目指すそうです。
5月下旬から6月上旬には県内20河川に元気なアユを放流できると思われます。

f0236270_16193431.jpg


f0236270_1620759.jpg


アユの引っ越しは、この後、18日、21日、25日にも行われることとなっており、4日間で60~70万尾が引っ越してくることとなっています。

オサ
[PR]
by ajigasawa_sigen | 2011-01-13 16:41 |

ヤリイカも大漁の兆し?

鰺ヶ沢漁港でヤリイカ初水揚げされました。

今日の水揚げは、小型定置網で捕獲されたもので、シーズン始めにしては、サイズは大型。
漁師さん達は、1杯ずつ丁寧にスチールケースにヤリイカを並べていました。

f0236270_1951684.jpg


12月中に、700~800ケース(3㎏入り)と、まとまった数が水揚げされることは久しぶりのこと
近年、ヤリイカ漁が不調だっただけに、今後のヤリイカ漁に対する期待も大きい。

f0236270_19523888.jpg


その他にも、テッテ、イシダイ、マダイ、アジなども大漁でした。

f0236270_1953825.jpg


この写真を撮っていたら、漁師の同級生から
「はづもの(初物)だぁ、家で食べながぁ」ってヤリイカをいただきました。
さっそく刺身で・・・。肴が最高なのでいつもよりお酒がすすみそうです。

オサ
[PR]
by ajigasawa_sigen | 2010-12-21 20:15 |

ハタハタ大漁の兆し?

今朝、鰺ヶ沢町の冬の味覚を代表するハタハタが水揚げされました。
新幹線開業に沸く青森県内ですが、鰺ヶ沢町は、それ以上に賑わう
ハタハタの水揚げです。
ハタハタは、毎年12月初旬に産卵のため海岸に押し寄せ、近年は大漁に水揚げされています。

県産業技術センターの情報によると、例年よりサイズが小さいものが主体になると予想されているなか、今朝、水揚げされたハタハタは
18~25センチと大型
町内の鮮魚店でも発売開始で、海の駅わんど内にあるの鯵ヶ沢漁協直売所では、
<メス(3㎏)3,000円><オス(4㎏)2,000円>にて販売中。

f0236270_15424837.jpg


f0236270_15434464.jpg


鯵ヶ沢漁協によると秋田県でも大漁のため、明日からは少し値段が安くなりそうだということでした。

様々な料理で楽しめるハタハタ
あなたは汁物?鍋?田楽?一夜干し?
どれでいただきますか?


オサ
[PR]
by ajigasawa_sigen | 2010-12-06 16:03 |

鰺ヶ沢町の「ヒラメ」つづき

前回、料理店で出されたヒラメを食べた次の日、自宅でもヒラメの刺身が出されたので、少し紹介します。

f0236270_18445426.jpg


鰺ヶ沢町民はヒラメの刺身を作るとき、鮮度が良くても昆布〆をします。
鰺ヶ沢港は、北前船の歴史があり、北海道から良質な昆布が流通し、また、魚の保存方法として昆布〆文化が伝わり、大量に水揚げされるヒラメを残さず大切に食べるため、昆布〆するようになったと言われています。

f0236270_18461391.jpg


昆布〆されたヒラメは、昆布の風味とヒラメの甘みが広がり、最高に美味しいです。また、うっすら飴色に変化し、滑らかな食感となり、普段、皆さんが食べているヒラメとはひと味違うお刺身になります。

f0236270_1847468.jpg


日本海のヒラメは、これからの11月から2月に旬となり、「寒鮃(カンビラメ)」と称され身が締まり高値で取り引きされます。鰺ヶ沢町に訪れた時は、ぜひ、ヒラメのお刺身を味わってください。料理店によっては、昆布〆のお刺身を出してくれるお店もあります。

f0236270_18503654.jpg


秘密の漁師飯
漁師の家では、卵の黄身に醤油を入れたつけダレで、昆布〆したヒラメを食べるそうです。ご飯にかけて食べてみたい、秘密の漁師飯です。
今度、試してみます。

しんしん
[PR]
by ajigasawa_sigen | 2010-11-25 19:05 |

鰺ヶ沢町の「ヒラメ」

「ヒラメ」は、青森県の魚として知られているが、鰺ヶ沢町の日本海の「ヒラメ」は、全国的にも有名で、四季を通じて食すことができます。

先日、地元のお酒、安東水軍を好きな人達の会!?に参加し、料理店(なおじろう)に、「ヒラメ」を使った日本酒に合う料理を希望したところ、薄造り漬け丼(アレンジで茶漬け)が出されました。
f0236270_14251672.jpg
f0236270_14253850.jpg


薄造りは、甘く食感も良くまた、エンガワも脂がのりコリコリで美味しかったです。
f0236270_1426375.jpg


漬け丼の「ヒラメ」は、肉厚で食べ応えがあり、ダシをかけると半生状態となり、日本酒で酔った身体に染み渡りました。
f0236270_14273695.jpg


是非、鰺ヶ沢町に来たら、日本一と称される「ヒラメ」と、地酒「安東水軍」を楽しんでください。
f0236270_14282988.jpg


しんしん
[PR]
by ajigasawa_sigen | 2010-11-18 14:33 |

鰺ヶ沢スイーツ「バナナボート」

最近、イベントや地域グルメなどで、地域限定のスイーツが話題になっていますが、鰺ヶ沢町からは、やっぱり!?たつやの「バナナボート」がお薦めです。

ネーミングはよくある名前ですが、見た目も味も他には負けないスイーツです。
さらに、欲張りな人へのお薦めは
「ジャンボバナナボート」です。

f0236270_13263995.jpg


普通のサイズより、10センチ大きいだけですが
重さは4倍の500グラム
甘さ控えめであっさりの生クリームと
1本まるごと入ったバナナ魅力です。
周りのスポンジも普通サイズより厚いのですがしっとりしていて食べやすく、一口食べると止まらなくなります。


「ジャンボバナナボート」ジャンボサイズ
f0236270_1330251.jpg


「バナナボート」普通サイズ
f0236270_13303771.jpg


料金は、普通のサイズで262円、
ジャンボサイズは794円
で販売されています。
お土産にも人気が高いので、購入するときは予約をした方がいいでしょう。

鰺ヶ沢町内では、JR鰺ケ沢駅前のショッピングセンターパル店で販売しています。
TEL0173-72-5885


しんしん
[PR]
by ajigasawa_sigen | 2010-11-09 13:55 |

鰺ヶ沢ランチ食べ歩き ~ やかたの売店おふくろの味食堂

シリーズ「鰺ヶ沢ランチ食べ歩き」第5回

今回は以前も紹介した『やかたの売店おふくろの味食堂』さんから、秋に向けた新メニューが出来ましたとの連絡をいただきましたので、早速、お邪魔させていただくことにしました。

その新メニューとは、鰺ヶ沢産の鮎を使った
「鮎ぞうすい 600円」
f0236270_14243941.jpg

f0236270_14251895.jpg
煮干しダシ醤油ベースの雑炊の上に、鮎の塩焼きが1匹まるごと乗せられており、そのまま食べても、身を解し雑炊に混ぜて食べても美味しくいただけます。
また、こちらの雑炊には、小鉢が数点付きますので、お腹も満たされるのではないでしょうか。




『やかたの売店おふくろの味食堂』
住   所  鰺ヶ沢町大字種里町字大柳90
営業日時  5月1日~10月31日 9:00~17:00
食事時間  11:00~14:30
お問合せ  指定管理者「赤い風船」代表 小林さん 0173-79-2971


<n-taka>
[PR]
by ajigasawa_sigen | 2010-09-01 14:36 |

期間限定!鰺ヶ沢産養殖アユ販売

~お知らせ~

赤石川の清流で育てた養殖アユを一ツモリ大然地区にある「鰺ヶ沢町アユ養殖場」現地において活魚で販売します。

「飯寿し」「塩焼き」等に最適です!

◆予約受付
   ~8/31(火)
◆販売(受渡)
   ~8/31(火)
◆価格(1㎏当たり)
   Mサイズ(約14㎝前後30g程) 3,000円(約33尾/1㎏)
   Lサイズ(約15㎝前後40g程) 3,500円(約25尾/1㎏)
◆購入方法
   事前にアユ養殖場へご連絡ください。(1人3㎏までとさせていただきます)
   数量限定、先着順のため、売切れの場合はご容赦願います。
   アユ養殖場で引き渡しいたします。(入れ物は各自ご用意ください)


「鰺ヶ沢町アユ養殖場」
鰺ヶ沢町大字一ッ森町字大然(イトウ養殖場隣り)
電話 0173-79-2102
営業時間 8:00~14:00

ちなみに私は塩焼きでいただきました!!
f0236270_1148087.jpg

f0236270_11481933.jpg


<n-taka>
[PR]
by ajigasawa_sigen | 2010-08-30 11:48 |

すしこ

f0236270_14161825.jpg
海の駅わんど内「あじ・彩・感」で販売しております、このピンク色の食べ物。

こちらは「すしこ」と言う食べ物です。

すしこは、もち米を使った漬物で、ピンク色は赤しその葉によるもの。
ほんのり甘みがあり、さっぱりとした味ですが、もち米を使っているので、結構食べ応えがあります。
f0236270_1417163.jpg
写真を見比べると作り手(家庭)によって材料が違うことがお分かりになると思います。

基本な材料は、もち米、赤しそ、きゅうり、キャベツ。そして、お好みでミョウガも入れる家庭もございます。
昔は、稲刈りの時に体力回復のため毎日食べていたようです。
さっぱりしたお味ですので、夏バテ回復によいお料理だと思います。


<n-taka>
[PR]
by ajigasawa_sigen | 2010-08-26 14:50 |